009-2-1.jpg





陰陽師といえば


まず、でてくるのは安倍清明である!!





安倍晴明の出身地については、大きく分けて3つの説がありますが


一、 大阪説

二、 讃岐説

三、 茨城説


この中で最も有力なのは、一、大阪説です


『葛乃葉(くずのは)伝説』によると、晴明の父は大阪市阿倍野区阿倍野

の出身とされています。以下は引用文です



「いまから千年以上昔、阿倍野に安倍保名(あべのやすな)という男が

住んでいました。あるとき、和泉(いずみ)の信田明神(しのだみょう

じん)にお参りをすませて帰ろうとした保名の元へ、狩りで追われた白

狐が逃げてきて、これをかくまってあげました



その後、白狐は女の人になって、保名のところへ来ます

名前は葛乃葉と名乗りました。ふたりは結婚して阿部神社の近くに住み

、やがて子供が生まれ、安倍童子(あべのどうじ・晴明の幼名)と名付

けました。」



狐は古来から、霊力を持った動物として崇められており、白狐であった

母親を持つ晴明は、天才陰陽師として君臨することになるのです


晴明が阿倍野の出身というのは、安倍晴明神社の記録としても残ってい

ます


安倍晴明神社に伝わる『安倍晴明宮御社伝書』には、安倍晴明が亡くな

ったことを惜しんだ上皇が、生誕の地に晴明を祭らせることを晴明の子

孫に命じ、亡くなって二年後の寛弘四年(1007年)に完成したのが、

安倍晴明神社であると記載されています





もちろん、白狐が母だというのは伝説でしょうが・・・



偉人にはどういった伝説が付き物です



キリスト教でも処女懐胎(しょじょかいたい)というお話もあります






ただ、安倍清明は当時の皇族、特権階級から寵愛を受けていました




その理由は・・・




そう神がかった力を持っていたからです



こんなことも伝えられています







Nakifudo_Engi_Abe_no_Seimei.jpg






ある日のこと、清明は広沢の寛朝僧正(かんちょうそうじょう)という

方の館に参って話をしていました


その時、側にいた貴族や僧たちが清明に言いました

「清明殿、あなたは式神を使うということですが…

式神というのは、人を殺すこともできるのですかな」



「これは…この道の大事に関わることを、ぶしつけにもお尋ねになります

なあ


まあ、簡単には殺せません。しかし少し力を入れれば必ず殺せます

虫などはほんのちょっとで殺せますが、生き返らせる方法を知りませんの

で、無益な殺生になります」



その時、庭を五六匹の蛙が飛び跳ねていきました


「ではあの蛙を一匹殺してみてくだされ。拝見いたしましょう」

「これは罪作りなことを…しかし私を試されるというのであれば、

仕方ありません」


清明は草の葉を一つまみ摘み切って、むにゃむにゃむにゃと何事か唱える

と、



「きえっ!!」


その草の葉を、蛙のほうへ投げます。草の葉が蛙の上にはさっと落ちかか

ると、


グギャッ


蛙は一声上げて、ぺちゃんこに潰れてしまいました


「ひいっ!」

「ひいい!!」


見ていた僧たちは真っ青になって、恐れおののきました





そう信じるか?信じないかは貴方次第なのです!!